日本の成人男性の約3割は早漏だと言われています。ですが、同じ時間で射精が起きるのに「自分は早漏だ」と思っている男性と、「普通くらいだろう」と思っている男性がいるようです。こうした差が生まれるのは、早漏の明確な定義についての認識が浸透していないからでしょう。この記事では、早漏の医学的な定義や早漏を改善する方法をご紹介します。

早漏の医学的な定義とは?セルフチェックしてみよう!

早漏の定義が浸透していないのは、最近まで医学的なコンセンサスと言える定義がなかったためです。ですが、200710月の国際性医学会議(ISSM)で早漏の定義についての検討が開始されたことがきっかけで開かれた米国泌尿器科学会(20085月)により、明確な定義が発表されました。

 

その定義が、以下の3つです。

 

  • 射精が膣内挿入前または挿入分以内にいつも起きる。
  • 膣内挿入に関し射精を遅らせることがまったくあるいは殆どできない。
  • 性交が苦痛、悩み、フラストレーション(欲求不満)、あるいは性交の回避といった消極的な個人的体験・結果となる。

引用:US National Library of MedicineNational Institutes of Health

 

いかがでしょうか?

今、早漏に悩んでいる男性は自分が当てはまっているかどうかチェックしてみてください。

当てはまっている項目があった人は、次に紹介する「早漏改善のために実践したいポイント」をぜひ参考にしてください。

早漏改善のために実践したいポイント

ペニスの刺激に慣れるトレーニングをする

早漏の人は人一倍ペニスへの刺激に敏感な人です。積極的に自慰行為をしたりセックスをしたりして、刺激に慣れるトレーニングをする必要があります。

自慰行為の場合は、ローションを使って特に敏感な亀頭やカリ首部分を刺激したり、セックスする場面を具体的にイメージしたり、といった方法が有効です。

より強い刺激を得るためにオナホールなどのアダルトグッズを活用するのも効果的です。

実際のセックスでトレーニングする場合はパートナーの協力が必要です。意識して興奮を抑える時間を作ったり、射精しそうになる段階で一度動きを止めたり、といった方法をパートナーに相談しながら実践しましょう。

病院で治療を受ける

セルフトレーニングやセックスの回数を重ねても改善できない場合は、病院で専門的な治療をしてもらうことが必要です。「何科に行けばいいの?」と迷う人が多いと思うので、早漏治療を取り扱う診療科をいくつか挙げておきます。

 

  • 泌尿器科
  • 内科
  • その他、早漏の治療を行う専門クリニック

ただし、これらに該当する病院でも早漏治療を取り扱っていない場合があるので、事前に電話などで確認することをオススメします。

早漏改善&ペニス増大で女性に好印象を!

早漏改善によるメリットは、何よりセックスをする相手である女性の気持ちを満足させてあげられることにあります。初めてセックスをする女性に対しては、自分のことをさらに好印象に写すことができるチャンスにもなります。

 

また、早漏改善とともにペニスを増大させることで、そのメリットを得られる確率はさらにアップするはずです。早漏改善と並行してペニス増大サプリやチントレなどにも取り組み、男としての自信を取り戻しましょう!

 

おすすめの記事