ペニス増大のためには海綿体の存在がカギ!

海綿体を大きくすることが重要なので知っているものの、具体的に何をすればいいかわからない男性は多いと思います。この記事では、矮小なペニスや勃起力に悩みを抱えている男性に向けて、日常の食べ物を通して海綿体を活発化させる方法をご紹介します。

ペニスの大部分を覆う海綿体とは?

海綿体とは、ペニスの細胞の約80%占めると言われるスポンジ状の組織です。男性のペニスには2本の陰茎海綿体と1本の尿道海綿体があるのが通常で、この部分に血液が流れ込むことで勃起状態となります。

さて、この仕組みからわかることは、「健全な勃起状態を生み出すには海綿体の細胞や血液の流れがスムーズに機能する必要がある」ということです。「最近勃起しても持続力がない」、「以前よりも固さがなくなった」などの悩みを感じている人は、これらの機能に異常が生じている可能性があります。

海綿体の細胞や血液の流れを活発化させるにはいくつかの方法があります。

ペニス増大サプリやチントレといった方法もありますが、「できるだけ自然な方法がいい!」と考える人もいるでしょう。

そんな人にオススメなのが、食べ物で改善を目指す方法です。

海綿体を活性化させる食べ物3選

海綿体や血流の流れを活性化させる効果が期待できる食べ物を紹介します。

情報の信頼性を損なわないために、含有量などの数字については主に文部科学省の「食品成分データベース」を参考にしています

参照元:文科省 食品データベース

納豆や豆腐などの大豆系

血行がスムーズに流れている状態は勃起力をアップさせる条件の1つです。大豆に含まれているアルギニンはアミノ酸の一種で、男性の性欲減退予防や血行促進に効果が期待できます。

大豆には100gあたり6700mgのアルギニンが含まれていますが、この量は食品の中では2番目に多い量となっています。

スイカ・きゅうりなどの瓜系

瓜系の食べ物には、シトルリンと呼ばれるアミノ酸が多く含まれます。シトルリンは、一酸化炭素の生成による疲労回復効果や抗酸化作用による血液をサラサラにする効果などが期待されている成分です。疲労回復により活力がアップすることや血液の流れが良くなることは、海綿体細胞の活性化にもつながります。

公益法人日本生化学会によると、100gあたりに含まれるシトルリンの量は、スイカ180mg、メロン50mg、きゅうり9.6mgとなっています。

参照元:アミノ酸機能のニューパラダイム

豚肉 

豚肉にはアルギニンが豊富に含まれています。アルギニンに期待できる効果は大豆の項目で紹介した通りです。100gあたりに7900mg含まれており、文科省の食品データベースで紹介されている食品の中ではトップとなっています。

また豚肉は、タンパク質も100gあたり87.6gと食品の中ではトップクラスです。タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、体のあらゆる部分の栄養素となる大切な成分です。当然、海綿体細胞やペニスに流れ込む血液にもいい影響を与えます。

これら3つの食品に加えてオススメなのが、トマトです。

勃起力の衰えや勃起不全(ED)には自律神経が大きく関係していると言われています。トマトに含まれるアミノ酸の一種であるギャバ(GABA)という成分には、自律神経を整える作用があることがわかってきているためです。

参考元:カラダネ

栄養素が正しく体に吸収されるには、これらの食べ物を一種類だけ食べ続けるのではなく、バランスよく摂取することが重要です。

食べ物と併用したいペニス増大サプリ

海綿体や血液の機能を改善するにはペニス増大サプリの活用もオススメです。シトルリンやアルギニンといった必要成分を、食べ物よりも効率的に摂取することができます。

サプリに対して「副作用が心配」という不安を持っている人も多いでしょう。ですが、日本で購入できるペニス増大サプリは、成分の種類や成分量に関して法律に基づいて配合されているものばかりなので、安心して使用することができます。

ただしペニス増大サプリに限らず言えることですが、サプリの中には詐欺まがいの怪しい商品があるのも事実です。口コミや比較サイトなどで評価の高い商品を参考にすれば、副作用や詐欺といった被害にあうリスクはほぼないので、十分にリサーチしてから購入するようにしましょう。

  • ペニス増大サプリとは何なのか?
  • ヴィトックスα人気の秘密まとめ
  • 睾丸マッサージで精力アップ!効果的なやり方や効果まとめ
  • ペニスサックを活用するメリットまとめ | 正しい使い方や価格相場も紹介
  • ペニス増大サプリに対する不安や疑問を徹底解消!
  • 増大サプリの副作用とは?
おすすめの記事