海外製のペニス増大サプリに潜む危険性について解説していきます。「どの増大サプリを買おうか迷っている」、「海外製を使っているけど効果が出ない」といった悩みを持っている人は、ぜひ参考にしてください。

海外製のペニス増大サプリを選ぶ人の特徴

海外製のペニス増大サプリを選ぶ人には、主に2つの特徴があります。

それは「価格」と「成分量」を特に重視している点です。

海外製のペニス増大サプリは、日本製のものよりも価格が安い傾向にあります。ペニス増大サプリは数ヶ月間継続することが必要なため、できるだけ費用を抑えようとして安易に海外製に手を出す人が少なくないのです。

そして、「海外製の増大サプリは日本のサプリに比べて成分の配合量が多い」という情報を聞いたことがある人も海外製を選びがちです。後述しますが、成分量が多い製品=絶対にペニス増大効果が高い、というわけではありません。むしろ身体に悪影響を及ぼすリスクがあります。

さて、安さや成分量だけを重視して海外製の増大サプリを使うことには、危険が潜んでいます。

海外製のペニス増大サプリが危険な理由

 

海外製のペニス増大サプリが危険だと言われる一番の理由は、副作用の危険性があることです。

海外製のサプリは、基本的に日本人の体質に合わせて作られていません。海外製品には日本製の数倍の成分量が含まれているケースが多々あります。例えばシトルリン、アルギニン、亜鉛などはペニス増大効果が期待できる成分ですが、これらは過剰に摂取しすぎると、腹痛、下痢、不眠、嘔吐、動悸、などの副作用を起こす危険性がある成分でもあります。

特に、心臓や血液に疾患を持つ人は、過剰摂取に対してなおさら注意する必要があります。また副作用が起こらなかったとしても、日本人の体質に合っていない成分や配合量のサプリでは、十分な効き目が期待できない可能性もあるでしょう。

すべての海外製品が危険なわけじゃないが…

ここまで述べたように海外製のペニス増大サプリには危険が潜んでいますが、すべての海外製品が危険なわけではありません。多くの愛用者やリピーターがいるサプリや、日本人向けに改良されたサプリなど、信頼できる海外製ペニス増大サプリもあります。

問題は、増大サプリ初心者の人や英語が苦手な人では、日本で得られる情報が少なくその信頼性を100%正確に判断しづらいことです。下手をすると「日本の薬事法に引っかかる成分が含まれているサプリを買ってしまった」という被害を被るリスクも否定できません。

こうしたリスクを極力避けるためには、やはり日本製かつ日本の業者が販売している増大サプリを選ぶことがオススメということになります。

販売元、成分・成分量、特徴、製品に関する口コミや評価、などをしっかりとチェックしながら慎重に選ぶようにしましょう。

おすすめの記事