シトルリン

投稿日:

シトルリンとは

シトルリンとは1930年に日本でスイカの中から発見されたアミノ酸の一種です。血管を強くする成分として注目されており、老化防止や冷え性の改善として期待されています。

どうやって血管を強くするの?

シトルリンが酵素反応でアルギニンに変化する際に一酸化炭素(=NO)が発生し、血管に附着することで血管が拡張します。

男性にとっての効果

勃起力の改善

一酸化炭素の影響でペニスに流れる血流がUPするため、勃起力がUPします。勃起とはペニスに流れる血液量が増えることで起きるので、血管が強く、血流が改善されると勃起力がUPするということです。

ペニスのサイズアップ

血流をよくすることで血管が強くなり、次第にペニスサイズが大きくなります。長さが伸びるということも期待できますが、何よりも太さがUPします。

副作用は?

スイカ、キュウリなどのウリ科の植物のほか、動物に多く存在する成分で、自然界に存在する天然由来成分です。
過剰摂取(10g以上の摂取)では下痢を引き起こしたという報告もありますが、普通に服用すれば10,000mg(=10g)も摂取することはあり得ませんので副作用はないと言って問題ないでしょう。